今日のポエム
ぼくは あのとき 君を ほんとうに おもっていたって
こんな時は考えるのやめて
譲ることを許さない頑固な部分はあたしの源を紡ぎ出す
ただ その小鳥の 深い悲しみが 僕の胸をおおいつくした
淋しい とても そこに
そんなひどい仕打ちができるの

誰も彼も悩んでるね
無表情な涙をながす
どんなに傷つけられようとも
あらあらかしこ
もっと笑おうよ
僕が君に会いたい

戻 る
こむぐるーぷ
- auto poem -